データ復旧 ライフセーバーズ トップへ
奥山電脳工房ホームページも併せてご覧下さい。
データ復旧のことなら奥山電脳工房
デジカメメモリーカード  USBメモリー フラッシュメモリー データ復旧の基礎知識 認識しないハードディスクの内部 ハードディスク内のアームに付いてるヘッドアンプ linkstation他 Mac ibook デュアルUSB
hdd異音発生のメカニズム hdd基盤 hdd復旧mac編 フラッシュメモリーの復旧

 フラッシュメモリー(デジカメメモリー USBメモリー SSD)編

フラッシュメモリーを使ったメディア SD  コンパクトフラッシュ(CF) USBメモリー

(上段左から)コンパクトフラッシュ、SDカード、ミニSD、マイクロSD(下段)USBメモリーUSBメモリーの内部
USBメモリ内部 左の黒いパッケージがフラッシュメモリーチップ本体です

USBメモリー、デジカメやビデオで使われるメモリーカードは、安全なメディアではありません 

動作部分が無いため安全と思われがちですが 静電気等機極めて弱く 電気的衝撃で一瞬にしてデータを失うことがあります。

また物理的(構造的に)脆弱で 
折れた・壊れた・剥がれた などの物理的トラブルで持ちこまれるケースが増えております。

最近の大容量のものは複数のチップで構成されており、一種のストライピング構成(RAID0)となっております。これらは復旧が難しく、高額な費用が発生します。

フラッシュメモリーの弱点(問題点)

電気的なショックによるトラブル この傷害は突然発生します。

電気的な衝撃に弱く、(例えば)静電気によるスパーク等で一瞬でファイルシステムが壊れたり、酷い場合は全体にヌルデータ(00、ff)が書き込まれてしまう事があります。

 

1.電気的ショックによるメモリーのファイルシステムが損傷

 ファイルシステムだけが壊れた場合は 比較的 簡単に復旧できます

2.メモリー上にヌルデータが上書きされた領域は元のデータが無くなっているため復旧不能です。

*ヌルデータ(00もしくはFF)で上書きされてしまうと(書き直されてしまうと)このデータは復旧できません。
*ヌルデータが書き込まれたかどうかはバイナリーエディターにより ご自分でも確認できます。

 
書き込み回数に制限があり想像以上に寿命が短い(1年以内に壊れることもあります)

この傷害は徐々に発生し、ファイルが壊れる等の現象として現れてきます。使用方法、製品によっては意外に早く劣化し、1年以内に症状が発生することもめずらしくありません。

ファイルが何度も壊れるようであれば、寿命がつきている可能性があります、速やかに全データをバックアップし 使用をおやめください。

物理的損傷 折れてしまった・壊れてしまった
 

可動部分が無く 軽量のため 乱暴に扱いがちですが、製品によっては構造的に弱い事があり 折れたり 壊れたりした物理的損傷もけっこあります。
*貼り合わせている外装が剥がれるように広がり、内蔵されている基盤が折れます。

また、USBメモリーはUSBコネクターの構造上 挿入時に無理な力が加わると、コネクターの接合部が基盤から引きちぎられてしまします。

基盤からコネクターが引きちぎられたUSBメモリー

壊れ方やメモリーの種類によっては データ復旧が極めて困難になることがあります。


フラッシュメモリーに関する基本的知識

デジカメの記録用やUSBメモリーに使われている フラッシュメモリーは ハードディスク(HDD)に比べ 可動部分が無く安全だと思われていますが、意外な脆弱性を持っています。

その一つは 書き込み回数に制限があり寿命が意外に短いことです。(使用時間では無く 書き込み回数の問題です。)

フラッシュメモリはその構造上 消去・書込を行う度に絶縁体となる酸化膜を電子が貫通し劣化させます。
特に書込(消去)時は読み出し時より高い電圧をかけているため、特定の物理的なブロックに対し書き込み、消去を行うと100回程度で寿命に達することがあります。
コントローラチップを搭載しアクセスを特定のブロックに集中させず 分散させるようにした物でも数万回から数百万回程度が限度と言われています。

最近 注目されているSSD(Flash Solid State Drive)も技術的に様々な工夫はされていますが 原理的にこの束縛からは逃れることができず、OSの起動ディスクやデータベース用としては まだまだ問題はあるようです。
特に、SSDは暗号化ソフトとの相性が悪く、障害が発生するとHDD以上に厄介です。
*windows等が起動する場合 毎回同じ 領域にアクセスし、またOS自体が使用するファイルを頻繁に書き換えるためです。
Flash SSD wikiの記述

 

<重 要>
あまり知られていませんが 電気的な衝撃(ショック)に弱いことも大きな弱点です。
私共に持ち込まれるフラッシュメモリー傷害の大半は寿命よりも電気的な衝撃によるものです。

※電気的衝撃=静電気によるスパークやサージ電流でUSBメモリーの抜き差し時に一瞬で壊れることがあります。
特に湿度の低い 冬期は要注意です。

  まれにですが、コントローラが原因の傷害も見受けられます。(重度障害)
また筐体の作りが悪く基盤に直接力がかかる構造の物は物理的に破損する場合があります。(半田割れ、断線等)
   
 
種類
主な用途 特 徴
USBメモリー データ保存用 多種多様
メモリーカード SD、miniSD、microSD
SDHC、MMC含む
デジタルカメラ、ハンディカムノートパソコン、携帯電話、音楽プレーヤ等多種多様
メモリースティック
PRO,Duo,ProDuo
デジタルカメラ、PS、PSP、ノートパソコン
主にSONY
コンパクトフラッシュCF デジタルカメラ(主に一眼レフ) 16ビットPCカードとサイズ、ピン数以外はほとんど同じ規格
XDピクチャーカード デジタルカメラ(富士フイルムとオリンパスのみ) 著作権保護機能がない
スマートメディア デジタルカメラ等 (最近採用されていない) 新規生産はすでにストップ
SSD ノートパソコン等 起動が高速可される
HDDに比べるとまだまだ高価
 
 

データ復旧上の問題点

microSDはワンチップ化されているため物理的破損の場合 対応不可能(人間が手作業で処理できる限界を超えています)

USBメモリ 大容量のものは 複数のchipで構成されております。データの書き込みはRAID0(スパニング)にちかい手法、かつウェアレベリング(特定のブロックにたいする書込みを分散し物理的レベルでの劣化を防ぐ技術)がおこなわれております。

その為 メモリーチップを取りはずし(リワーク=基板から半田を溶かし取り外すこと)しても コントローラーのアルゴリズム解析が必須で極めて高度な技術が必要となります。

また暗号化ソフトが使用されている場合、互いに干渉するためデータ復旧が非常に厄介となります。

SSDはその構造上 表記されている以上(何倍もの)のメモリー容量を持っています。構造、詳しい働きを知らないで通常の使用以外の操作をするとトラブルを生ずることがあります。

デフラグはあまり意味がありません。(ある条件下では書き込み速度やプチフリーズの改善に役に立つこともあります。)

重度障害(メモリーチップ自体が壊れる)の場合リワークによりデータ復旧できる場合があります。また暗号ソフトとは相性が悪く障害発生時に大変な手間(=作業費用、時間)がかかることがあります。

リワークしたSSDとそのメモリーチップ
リワークした障害SSD 暗号化されていた

 
フラッシュ(USB)メモリー データ復旧に関して
1. ファイルシステム等の損傷(論理傷害)  データ復旧費用は基本料金¥17,850−(税込み)のみ
2. ヌルデータ(00、FF)が書き込まれたもの 基本的に復旧不能   *部分的に復旧できることもあります。
3. コントローラー損傷等の重度障害   *別途お見積
4. 基盤の物理的損傷  リワーク(メモリーチップのみを取り外す)等の物理的処置により復旧できる場合があります。  *別途お見積
最近急激に普及しているマイクロSD(microSD)は全体がワンチップ化しており分解しての物理的作業が出来ません。
また効率化のため通常のSDメモリーも内部はマイクロSDと同様の構造の物が増えており 物理的な破損に対してはきわめて作業がしにくくなっております。
 

フラッシュメモリー以外のメデイアの傷害も復旧できます。

奥山電脳工房データ復旧問い合わせ
奥山電脳工房 問いあわせ・申し込みフォームへ  

データ復旧に関して詳細に知りたい方は (電話)053-542-1919  杉山までお気軽に


SDメモリー リワークによる復旧事例
折れてしまったSDメモリー
SDメモリー切断部分 リワークしたチップと基盤

基盤が切断されたSDメモリーからの復旧事例

チップ自体を基盤からリワーク(半田を溶かし取り外す)
チップ内のコントローラー(メモリー制御)から書き込みのアルゴリズムを解析
データ抽出・復旧

※このお客様は何軒もの復旧業者に依頼し どこも復旧できなかったケースです。私共で復旧できました。

ご注意下さい メモリーを安全に使用のするためのワンポイントアドバイス
デフラグをかけない

デフラグはHDDデータが物理的に離れた位置に書き込まれた状態を修正するものです。
フラッシュメモリーにかけても何の意味もありません。

確実にメモリーの寿命が短くなります

Windowsのデフラグツールで 赤い部分が多くなっていると何となくかけたくなりますが、強い意志で無視してください。
Vista以降 デフラグがスケジューリングされており、デフォルト状態では定期的にデフラグがかかります。

途中のファイルを消去しない(デジカメの場合)
 

デジカメ(一眼レフ)で撮影している人で一枚取っては液晶画面で確認して気に入らないと消している人がいますが、撮影途中では消去しないことをお勧めします。

途中のデータが消去されていると障害発生時にデータ復旧が極めて困難になることがあります。

帰ってパソコンにデータを移し 不要ならパソコン上で消しましょう。
いらないデータを消したつもりで 大事なデータに障害がおよぶことがあります。

こちらのデータ復旧(サルベージ)に関する項目も併せてご覧下さい。
奥山電脳工房 HD復旧ページへ
奥山電脳工房ではお預かりしたハードディスクから無料で復旧可能ファイルリストを作成いたします。
作業費用のお見積もりと合わせ事前に復旧内容が確認いただけます。
復旧可能データリスト、お見積もり後のキャンセル無料です。
事業者 奥山電脳工房
電話

053-542-1919

ソフトバンクのかたは  090-7952-5267

AUの方は  090-3559-8422

データ復旧に関して詳しく知りたい方、不安な方は杉山までお気軽にどうぞ

メール

sugi@den-now.com
フォーム  奥山電脳工房 
問いあわせ・申し込みフォームへ
奥山電脳工房データ復旧問い合わせ
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷746-3
年中無休 10:00〜21:00
緊急時は時間外でも受け付けます

おんな城主 直虎 の里 井伊谷

データ復旧ライフセイバーズhdd  メモリー データ復旧トップへ TOPへ

QRコード 携帯の方はこちらからコンテンツ、 住所、電話番号、メールアドレス等にアクセスできます